プチプラ化粧品って、安全なのか?

プチプラ化粧品を愛用している女性も多いと思います。


今では、かの有名な100円ショップ、ダイソーでも化粧水などが販売されています。


メイクアップ用品ではなく、肌を整えるそういった製品も出ていることが驚きですね。


しかし、その一方、安全性において問題、トラブルがあることがあります。


危険な点をまとめました。


・そうとう安い原材料で製造されていると思われます。


・肌のアレルギーに対する安全性の試験を行っていない。


・化粧品の性能検査をしていない。


・敏感肌用とあっても、本当にそういう試験をしたのか、怪しい。


以上のようなことを考えると、
材料が粗悪品の可能性や、敏感肌の場合、赤くなるなど、トラブルが起こることが十分考えられますね。


化粧品の原材料のコストは5~10%と言われています。


化粧品を作るには、他にも輸送費、広告宣伝費、安全性などの試験、研究費などがかかります。


肌をきれいにしたいから、化粧品を使うのに、プチプラの安い化粧品を使うのは、結局肌を大事にしていないように、感じますね。


プチプラより、高価ではありますが、企業努力で、無駄を省いて化粧品を製造、販売している会社もあります。


・実店舗を持たず、ネット通販専門にする。


・芸能人を使ったテレビCMを使わずに、インスタなどのSNSを使って、口コミを広げる広告宣伝をする。


・販売する化粧品の数をしぼって、販売する
ネット通販されている化粧品は、ほとんどがトライアルセットがあり、割安でお得に肌に合うかどうか試せるようになっています。


ニキビ跡美容液ベルブランも、最初の1ヶ月は非常にお得なお試しができるようになっているので、おすすめです。


ベルブランのモニター