あの直木賞作家は布団クリーニングの夢を見るか

家中のものを引っ越しと宅配クリーニングのために整理していると、不要品は必ず出てきます。

様々なものを処分するのは大変です。


こんな時に朗報があります。

引っ越し業者やクリーニング店の不要品引き取りサービスの活用です。

大型家具など、業者やクリーニング店の中にはお金を払って処分しなくてはならないものを資源のリサイクルなどの名目で引き取り無料とする場合もあるため、必ず調べてみましょう。


引越しのために荷物をまとめる時に皿やグラスなどの割れ物はタオルや洋服等で、包んでパッキングします読み終えた雑誌や、新聞もいいですが、想像以上に量が多くなり、処分することが大変です。

転居し終えると、多くの空のダンボールが出ますし、そのうえ紙くずも出ると案外、スペースを取ってしまいます。


引っ越しと宅配クリーニングの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。

たとえば、荷造りをしているときです。


普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、ケガの可能性が高くなります。


荷物や洋服や布団を移動させるときのことを考えても、指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。


安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でないと役に立ちません。


手が汚れないだけでなく、洗濯する作業効率も安全性も高くなります。


引越しといえば、粗大ゴミの整理です。

引越しする時に、捨てるのは大変なことですから、早めに大きな粗大ゴミは捨てていったほうがよいと思います。

荷物や衣類をまとめ始めるのと、同じくらいに粗大ゴミを処分してしまえば、楽になります。

処分日を前もってチェックしておくことがおすすめです。

何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。


まず、役所への転出届と転入届があります。


先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。

そして転入先の市区町村の役所の窓口で、転入手続きをするという流れになります。

転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入届は受理されないことにはくれぐれも注意してください。


税金や社会保険などの根拠になりますので忘れずに手続きしましょう。

少し調べてみるとわかるのですが、引っ越しと宅配クリーニングにかかるお金というのは最初の想定が甘かったり、目論見が外れたりなどして、実は高額になりがちです。

そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はよく考えて検討した方が良いでしょう。

引っ越し業者やクリーニング店の料金は、移動距離や荷物や衣類の総重量が同じ場合であってさえ会社によって、金額は違います。


引っ越しと宅配クリーニング料金一括見積サイトの存在が、業者ごとの料金を知りたい時には役に立ちそうです。

利用方法は簡単です。

サイトから引っ越し先など、見積もりに必要な情報を書き込んで一括見積もりを申し込みますと業者から見積もりを知らせてきますので、それらを比べることができ、とても役に立つでしょう。

どこからどこに転居するとしても引っ越しと宅配クリーニングの際にはダンボールを使うわけで、サービスとして、業者やクリーニング店がくれることもありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。

そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、不要になったダンボールをもらえるはずです。


そうなるとサイズが揃わなくなります。

車に乗せるとき、ダンボールは縦にも横にも積み重ねられるため、同一サイズでない場合、計画的に積んでいく必要があります。

俺は昨年、単身赴任の引っ越しをしました。

私の会社員生活において初の単身引越しと宅配クリーニングでした。

社則で複数社から見積書をもらい、一番リーズナブルな業者やクリーニング店を選択するのですが、赤帽が最も安いという結果になりました。


最初は不安を抱いていたものの、引越し作業は手際よく進めてくれたので、次に引越しする時にも赤帽を利用したいと思いました。


引越しの当日にやることは2点です。

まずは退去する部屋では荷物や布団や衣類を運び出した後に管理会社の立会いで部屋のありさまを見定めることです。

ここで大きな汚れや傷を調査しますが、この調査が敷金でのカバーや別途クリーニング費用の請求に左右します。


新しい家ではガスの元栓を開けることが必要です。


これは業者やクリーニング店の立ち合いが不可欠なのです。


私は引っ越しをしたのを機に、自宅にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。


家具や洋服など、様々にありました。

業者の方に家まで来てもらって、全てのものを査定してもらったのです。


すると、意外な査定額が出ました。

私のいらなくなったものが、お金になったのです。


すごく嬉しかったです。