おっとピアノ買取の悪口はそこまでだ

住まい探しについては、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。


どこにでもありそうは不動産屋さんでしたが、大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。


そことは別の不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、別のお店の物件情報も、こちらで紹介可能と担当の方が仰るので、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。

引越しのアートは、CMで見て見知っていました。

ドラエモンがイメージキャラクターであったため、子供の要望もあり引越しのアートに決めました。

ドラエモンのイラストが引越しのトラックにも描かれており、子供にとっても楽しい引越しのようでした。

料金やサービスもとても良く、引越しのアートを選んで正解となりました。


先週末に引っ越しました。


新居に入った日、入り口の電気をつけたときに「ここに住むんだ」と思わずにいられませんでした。

そんなこともあって、その日の夕食はいつもならとても手が出ないピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。

まだ残っている片付けもがんばります。


引越しは自分のだけで行う場合と業者や買取店に委託する場合があります。


自分だけだと、そこまで荷物や電子ピアノやピアノが多くないため、自分でやることができます。

引越し業者や買取店に依頼した時に驚いたことは、荷下ろしにかかる時間がすごく短いということでした。

下準備だけでなく、二人で仕事をするとまるで違うなと思いました。

私は過去に分譲マンションで二人用のベッドを使用していました。


事情があってそのマンションを手放し、狭い賃貸しタイプの棲家へ引越しすることになったのですが、ベッドが寝室に入らないことがわかりました。

残念ではありましたが知り合いに譲り、無事に棲家の移動を終えましたが、購入した新しいベッドはもしもまた引越っこすようなことがあった時に入らないと困るので、一人用ベッドにしました。


通常の場合、引越しに追加料金がかかることはありません。


ただ、これは、前もって、引っ越しとピアノ買取業者や買取店が見積もりに来た場合や自分で申告した家財道具の量がきちんと正しかった場合です。


引っ越しとピアノ買取業者や買取店は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を算出しています。

もし、大幅にオーバーしてしまう時には、追加料金がいるでしょう。

他のことと同じく、引っ越しとピアノ買取で大事なのは段取りです。

ダンボールは荷物やピアノ楽譜が全部収まるように準備し、当面使わないものから梱包しましょう。


日常的に使うものをのぞき、大まかな種類で分け、順次ダンボールに詰めましょう。

中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくとより片付けしやすくなるでしょう。


引っ越しとピアノ買取てすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも早め早めに進めていかなくてはなりません。


近頃では、だいぶん廃れてしまったようですが、大変だった引っ越しとピアノ買取作業を終えたら、みんなでソバを食べる、というような面白い習慣が、かなり以前からありました。


どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて細く長くお付き合いを致しましょうと縁起をかつぐ意味合いと、お側(ソバ)に越してきましたのでよろしくとダジャレも仕込んで新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。


先日、転居しました。


業者に依頼しましたが、けれどもやはり苦労しました。


何が苦労したかというと、多種多様な手続きです。

行政区域が変われば、印鑑証明請求に必要とされる印鑑登録もする必要がありました。

あまり必要ではないのですが、念のため登録を済ませました。


友人が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もってもらいました。

とても好印象の営業の人が来てくれて、ちゃんと相談に応じてくれたのです。


思いのほか安い見積もり値段だったので、その日に即断しました。

引越しそのものもたいへん丁寧に作業してくれて、言うことなしです。