花粉症そして春のポカポカ陽気

花粉症そして春のポカポカ陽気のお話なのだ 暖房設備で厳しい寒さをしのいでいた冬の季節が終わるのと同時に春の陽気を心待ちにあなたもしていたのではないのでしょうか。


そろそろ暖房設備や厚手の洋服ともしばしのお別れをしなければいけない季節がやってまいりました。

その中でこの季節は多くの花粉が飛来するようになるので花粉症の人には辛いでしょう。


現代病の1つでもある花粉症が日本で最初に確認されたのはブタクサによるものとなり、後に主流となるスギは1960年代にアメリカの進駐軍によって植えられました。


それから20年ほど経った1980年代以降には植えられたスギが成木となり、一斉に花粉を飛ばし始めたのです。

ところで今のあなたは花粉症ではないかもしれないものの、将来的になる可能性は否定できません。


人間の体内には花粉を入れておく容器があり、説明するとその一定の量を超えてしまうと誰でも花粉症になってしまうのです。

20代後半の私は花粉症になってもう20年以上になるので、幼いころにはもうその容器がいっぱいになっていたのではないかと思います。


一方で春はポカポカして川べりの芝生で昼寝でもしたい気分になり、そよ風も心地よく感じるのです。

私は寒いよりは暑いほうがまだ我慢でき、そういう意味ではこれからの季節が1番好きかもしれません。


でも中には冬のスポーツが好きとか秋の夜長の読書が好きといった方もいるし、そのあたりは個人の好みで分かれるでしょう。


春は桜・夏は海水浴・秋は食欲・冬は雪といったようにその季節で頭に浮かぶ キーワードを挙げてみたものの、あくまでこれは私の主観で個人個人違ったものが出てくると思います。


そんなすばらしい四季のある日本という国に生まれたことを感謝する一方、地球温暖化の影響で気候に変化がでないか心配してしまう私がいるのです。


【関連記事】
ニューモ育毛剤