根気のいるインプラント治療。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。


また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、ご飯も格段にしやすくなっています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。


まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてちょうだい。


インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。


人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過いっしょに落ち着くのが自然な流れです。


しかし、原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療をうけることで早めの対応をしていきましょう。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聴き、再開時期を確認しておきましょう。


高額なインプラントは、一体何年くらい持つのかというと、現状では確実な説はありません。


治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが一般的な説です。


とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持出来るはずですが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。


歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。


どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかも知れませんが化膿止めといっしょに、痛み止めも処方されていますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。


大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。


高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。


加えて、治療が失敗しておもったより深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでちょうだい。


ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。


いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療をうけようとすれば海(肌を焼いた後にはきちんとケアしないと、後でボロボロになってしまいます)外に渡ってでも治療をうけることも十分あり得ます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。


インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、できるだけ幅広く情報収拾するのが成就への第一歩です。


入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。


ですが、制約もあるのでおぼえておきましょう。

それは何より、インプラント治療をうける事が出来てないケースもあるという事実です。


糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。


腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療をうけている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは使用不可のとの判断になる可能性は高いといえます。


注意してちょうだい。


言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは誰も言っていません。


特に人工歯根に異変があったら、すぐに診て貰わなくてはなりません。


食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、まずは口腔内をきれいに保ってちょうだい。


異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなくてはなりません。

ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

しかし、医療費控除の対象ではあります。


手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


医療費控除をうけようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。


腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方をうけ、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント治療による危険性を多様な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査をうけられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは本当のことではありません。


確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。


インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので金属といっても磁気には反応せず、検査で問題になることはまずありません。


長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それでオワリと思って油断するのは禁物です。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

歯磨きにも正しい仕方があります。


歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行なうようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。


ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。