逆転の発想で考える宅配クリーニング

引っ越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店に頼む場合でも、自分自身である程度梱包を行っておけば、それなりに、安く抑えることができます。

そうなるともちろん、引っ越し洗濯する作業にかかってくる時間も短くできます。


CMや公式サイトなどで全てお任せできることを売りにしている引っ越しと宅配クリーニング業者でもいろいろなプランが他にもラインナップされてますので、自分でプラン内容をしっかり調べてみることをおすすめします。

数年前、新築の家を建てて引越しした際、デスクトップパソコンの移動には全力を尽くしました。

このとき、3歳になる娘と1歳の息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。


業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないようクッション材はたっぷり使いました。


パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたためデータもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。


引越しと宅配クリーニングの前日の作業として怠っていけないのは、冷蔵庫の排水です。


排水の仕方が分からない人は少なくとも冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。

簡単なことですが、中のものは出してください。


そうでないと、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。


引っ越しと宅配クリーニングをした時に、行う手続きの一つに、転出届の提出があげられます。

しかし、これは現住所と新住所が違う市長村である場合です。


同じ市町村の場合には、転居届を申請します・手続きをする目安は、引っ越しと宅配クリーニングの2週間前とか引っ越し先が決定後すぐなど、市町村によっても異なりますので、早めに確認をするのが確実です。


引越しと宅配クリーニングを行う際には様々な手続きが必要となってきますが、仕事をしている場合に特に大変なのが市役所に行ってからの手続きです。

住民票を転入や転出などの手続きがあるので、最低二度は足を運ばなければなりません。

市役所は平日しかやっていませんので、引越しと宅配クリーニングのためにさらに休みをわざわざ貰わなければいけないといったことになります。

引っ越しは何度もしてきていますが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。


愛媛県の宅配クリーニングならこちら

「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。


何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物や布団や衣類をチェックすると、陶器が何個か、欠けてしまっていました。

実は自分の作品だったので、とてもショックを受けてしまいました。

といっても、高い物ではなかったので、文句をつけたりはしませんでした。

そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。


早いうちから、始めておいた方がいい引っ越しと宅配クリーニング準備として家中の物を持っていくかどうか選り分けを進めていくと、意図していなくても、どんどん粗大ゴミが増えてきます。

転居に伴う粗大ゴミは通常はゴミ収集日に持って行ってもらうことはできず、まず自治体に処分方法を尋ねてその通りに処分します。


引っ越し日が近いのにゴミがまだまだある、という事態を避けるためにも、余裕を持って処分しておきます。


引越しと宅配クリーニング先で近所の家へ挨拶まわりに行くのなら、転居したらすぐに行った方がうまくいくと思います。

引越しと宅配クリーニングの騒音などで、迷惑をかけた謝罪も兼ねて、しっかりと挨拶をしておきましょう。

引越しを行う前に、一言挨拶をしておくのも好ましいかもしれません。


どちらにしても、できるだけ早いうちに挨拶に行った方が、近所付き合いが楽になります。


引越しと宅配クリーニングをする場合、電話の契約変更も必要となります。

ですが、固定電話ではなく、携帯電話に関しては、各携帯ショップで手続きをするか、オンラインで手続きするかだけのことで、工事などは伴いません。


最近では若い人を中心に、固定電話はいらないというパターンが大多数です。


独り者のときの引っ越しは、電化製品や家具も大型のものがなく、引越しと宅配クリーニング会社に頼むことなくすることができていました。

だけど、結婚してから引っ越しをすることになると、洗濯機や冷蔵庫などの電化製品や家具が大きくなり、とても大掛かりとなるため、引っ越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店に依頼しました。

引っ越しと宅配クリーニング業者にお願いすると、電化製品の設置までやってくれるので、ラクにできました。