我輩はである

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。


私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物や浴衣だったのです。

一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。


どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したのできちんと手入れし、保管しなければならないのは織りこみ済みです。


でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもどこに置くのかという問題があります。


もうすぐ七五三で着ますが、新しいうちに買い取ってもらう方がいいんじゃないかと思っています。

着物の買取の話を聞いて興味を持ち、業者のウェブページで買取のシステムを調べてみました。


思ったより使い勝手は良いようで、出張査定や自宅に取りに来るサービスがある業者、箱を送ってくれ、それに詰めて返送すれば査定してくれる業者も何軒かみつけました。


私にとって一番良い方法は何かと思いましたが買取に出す枚数を考えると車で行ける距離にお店があるので、持って行って買取を一気に終えられるようにしたいと思います。


要らなくなった和服を整理する際、絹物の友禅や紬などは意外な高額査定になることもあり、モノがわからないときは査定で見てもらいましょう。


けれどもウールや化繊の着物というと、本来の価格が低いですから、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。


古着屋さんやリサイクル店なら、古着として買い取ってくれることが多いと思います。

仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、もし処分するなら、価値相応の価格で買い取ってもらうためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。


買取実績もあって評判も悪くないお店をいくつか選んで、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べてみるのをおすすめします。


買取値や査定理由が明確なところを選ぶと損することなく良い売却結果につながると思います。


不要になった和服。


もしリフォームするのでなければ、中古着物や浴衣の専門業者に買い取りしてもらいましょう。


たとえば紬などは流行に左右されず、結城や牛首のような品でなくても、種類を問わず買い入れてくれます。

専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。

紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。


また、友禅や状態の良い夏の絽や紗なども取扱対象のようです。


また、証紙のついた端切れは本体につけておくほうが高価になります。

最近多い和服の買取で、いくつかのトラブルが報告されているので、利用するときには気をつけなければいけません。

ほんの一例ですが、着物の買取を前提とした訪問見積りを頼んだのに、事前連絡なしに家にやってきて、着物には目もくれず宝石や高級時計などを不当な安値で買おうとしたこともあって、たしか新聞にも載りました。

詐欺的な業者には、当たらないようにしたいものですね。


警察に古物商の届出を出しているような業者なら、このような行為は無縁でしょう。


サイズや色が合わなくなって着なくなった着物。


その整理に困っている人は少なくないでしょう。

ただ、最近は専門の買取業者さんというのが多くなりましたし、一度利用してみてはどうでしょう。

ずっと寝かせていた着物類ですが、着る人がいてこそ活きてくるとは思いませんか。


ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、宅配便も利用できるなど昔よりだいぶ便利になっています。


それに、丁寧に保管していたものは意外と高値がつくかもしれません。

着物を買い取ってほしい方の大きな関心事は、買取業者の選び方を考えると何を基準にすればいいか、わからないことです。


インターネットであっという間に業者を見つけ、全国の業者と取引できるので却って迷うのではないでしょうか。


古着屋で着物も扱うところが多いのですが、ある程度着物や浴衣としての価値があれば、着物買取の専門店に持ち込んだ方がいいのです。


専門のお店だからこそ、着物についてよく知っている鑑定士の査定を受けられるので、付加価値も含めて、きちんと評価してもらえるでしょう。


みんなで手分けして、祖母の遺品整理を進めています。


実は、先日着物や帯、小物を合わせると結構な量なので処分に困りました。


処分を決め、買取業者を探してみると電話もしくはメール一本で無料で買取用の車を出すところもあることに驚きました。


着物はどれも重いし、かさばるのでこれをお店にどうやって運んだらいいのか、と泣きそうになっていたので、とても嬉しいサービスでした。


祖母からの形見分けで、着物を何枚か譲り受けたので専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。


今後、私たちが着物を着る機会は少なくこのまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、着てくれる人がいるからこそ、着物や浴衣の価値があると思ったためです。

何軒かの業者で相談しましたが、個別に値段がつくような作家ものやブランド品はなく、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

結果的には全て買い取れることになり、納得のいく価格で売れました。