大人アトピーというのは、子供のころのアトピーとは何が違っているのでしょうか。

大人アトピー
まず、大人アトピーは子供のころに出来るアトピーとは原因が違っています。

子供のころのアトピー原因に多いのが、食べ物による原因が多かったのですが、大人のアトピーとは原因が違っています。

大人のアトピーの場合には、ダニ、ほこりなどの部屋の環境などが原因でアトピーになるということが多いと言われています。

子どものときなら、体質が変わったり、アレルギーとなっている食べ物を避ければ、アトピーの症状を軽減させることなどが可能でしたが、大人の場合のダニやほこりを完全になくすことは難しいですから、なかなかアトピーの症状が引かないというのが特徴です。

他にも大人アトピーというのは、湿疹が赤くなって盛り上がってしまうという症状が出るのが特徴です。

子どものころの湿疹は、ステロイドを使えば、比較的コントロールできたり、内服薬を飲めばコントールが可能でしたが、大人アトピーの場合には、こちらもなかなか調整するのが難しいというのも特徴です。

大人になってからのアトピーは、子供のころのアトピーと比べると、少し厄介で、なかなか治りにくいという特徴もありますから、早めに治療を受けて、体質を改善するなどして、対処したほうがいいでしょう。

アトピーは、体質を改善すればすぐには無理でも自然に改善できると思いますので、早めの治療などがいいでしょう。

専門の医師に診てもらうのもお勧めです。


21
アトピーと馬油
アトピーの人の民間治療法として馬油があります。

医療機関で処方される薬と違って、馬油は、民間の治療法ということになります。

馬油がアトピーにいい理由としては、まず不飽和差脂肪酸の比率が、馬油は高いと言われているので、他の動物の脂に比べると腐りやすいという特徴があるのですが、活性酸素除去作用や抗菌作用、血行促進といったことがアトピー性皮膚炎に効果があると言われているのです。

他にもヒトの皮膚と同じ構成でできている油ということもあり、皮膚の皮下組織の奥深くまで、しっかりと浸透してくれるということもアトピーの肌を保湿するのにとても効果的とされているのです。

アトピーの場合には、馬油をどのように使えばいいのかというと、馬油には、抗炎症作用があるのですが、それほどアトピーの治療に直接つながるほどの強さはありません。

なので、治療のために馬油をつけるのではなくて、ワセリンやクリームなどの代りとして、保湿を目的としてつけるといいと思います。

馬油の他にもアロマを混ぜ込んだり、竹酢液などを一緒に混ぜて、自分でオリジナルのクリームを作って、アトピーの保湿効果をアップさせるという方法などもありますので、自分で色々と考えてみてもいいかもしれませんね。

アトピーの治療にはステロイドが使われることが多いですが、治療の際にステロイドを使うことに抵抗がある人も多いと思いますから、その場合には、馬油を利用した民間療法で、アトピー対策をするのがお勧めです。

前立腺肥大症の薬はノコギリヤシサプリで効果がある?